運送業


ネット通販事業の拡大等に伴い、物流量は増加の一途を辿る一方、ドライバーの担い手となる労働者の数は減少しています。そのため、不足するドライバーを確保するため、外部業者や派遣労働などに頼らざるを得なくなってしまいます。この場合、多数当事者間において複雑な契約を締結する必要が生じるため、契約書等の作成・見直しが必要となってきます。また、運送業においては、ドライバーの長時間労働が常態化したり、未払残業代が発生したりするなどの問題が生じるため、社内の労務管理が重要となってきます。特に、長距離ドライバーの場合、過労による心疾患などの労働災害が発生するリスクがはらんでいます。労働災害が発生し、会社側に過失が認められると、民事責任のみならず、刑事責任まで問われかねず、ひいては業務停止などの行政処分が課される危険性もあります。

また、荷主との間でも法的リスクが潜んでいます。運送中の荷物破損や配送遅延が生じた場合のトラブルを防止するためには、事前に荷主との間で運送契約や寄託契約を締結しておくことが不可欠です。その際には、運送業界において蔓延している「口約束」ではなく、契約書といった書面で規定しておく必要性があります。

いずれのトラブルにおいても、運送業に精通している弁護士によるリーガルサポートが不可欠です。

顧問契約をご検討されている方弁護士法人ALGにお任せください

土日祝日・年中無休・24時間電話受付中

会社側・経営者側専門となりますので、
労働者側のご相談は受け付けておりません

会社側・経営者側専門となりますので、労働者側のご相談は受け付けておりません

会社側・経営者側専門となりますので、労働者側のご相談は受け付けておりません