病院・クリニック


「医療事故を起こしてしまった」

「能力不足の社員を辞めさせたいが、どのようにして辞めさせればいいかがわからない」

「診療報酬等が支払われない」

このような医療事故・介護事故や人事労務問題、債権回収対応等で、本来診療業務に費やす時間が確保できなくなる可能性があります。

医療事故・介護事故の場合は、初動が非常に重要です。医療事故等の過失は、患者等の生命・身体に危険が生じているため、医療機関の対応に不備があれば、医療訴訟に発展し、高額な損害賠償が認められてしまう可能性があります。また、適切な対応をとらないことで、医療機関の評判や信用性が低下してしまう可能性もあります。

人事労務(能力不足の社員や未払残業代、過労死問題等)に関する問題では、労務管理を徹底する必要があります。雇用契約書や就業規則等の法的観点を踏まえた見直しや社員の退職・解雇に関する問題、労働審判等の紛争対応を適切に行う必要があります。

債権回収の場合は、代行を致しますし、そもそも未払診療報酬がないスキームを構築いたします。

弁護士に依頼をすることで、医療事故への初動対応及び労務管理等についてアドバイス等をすることができます。仮に訴訟等に発展している場合でも、医療法務に従事する弁護士が法的知識を駆使し、事案を解決いたします。

トラブルを避けるには、まずは弁護士にご相談されることをお勧めいたします。お気軽にご相談ください。

顧問契約をご検討されている方弁護士法人ALGにお任せください

土日祝日・年中無休・24時間電話受付中

会社側・経営者側専門となりますので、
労働者側のご相談は受け付けておりません

会社側・経営者側専門となりますので、労働者側のご相談は受け付けておりません

会社側・経営者側専門となりますので、労働者側のご相談は受け付けておりません