IT・情報通信業


IT・情報通信業(以下「IT業」といいます。)は、他業種に比べて、日々進化している業界の1つです。もちろん、業界の成長に伴い、新たな法律や裁判例も整備されています。

しかし、IT業に関する法整備は、まだまだ業界の成長スピードには追いつけていないのが現状です。例えば、システム開発に関するトラブル、ソフトウェア特許、情報セキュリティといった問題は、一昔前では想起されてこなかった問題です。特に、企業内部に関する情報流出は、企業にとって致命傷になる危険性があります。IT業は、特にクリエイティブな業界であり、まだまだ未知の領域でもあります。そのため、例えば、システム開発などのノウハウは、その企業の価値と同視することができ、従業員の引き抜きや退職に伴う内部情報の流出を事前に予防しておく必要があります。

また、スマートフォンやパソコンの普及に伴い、業界内でのトラブルのみならず、消費者との間でのトラブルも頻発しています。その他にも、表面化していない法的トラブルが潜んでいます。

未知の領域だからこそ、紛争の予防、紛争の解決の両面から対策しておく必要があり、そのためにはIT業に精通している弁護士によるリーガルサポートが不可欠です。

顧問契約をご検討されている方弁護士法人ALGにお任せください

土日祝日・年中無休・24時間電話受付中

会社側・経営者側専門となりますので、
労働者側のご相談は受け付けておりません

会社側・経営者側専門となりますので、労働者側のご相談は受け付けておりません

会社側・経営者側専門となりますので、労働者側のご相談は受け付けておりません