労働審判の申立書が届いたのですが、今後の対応の留意点を教えてください。

依頼者の属性
中小企業
受任内容:
労働審判

ご相談内容

従業員が労働審判を申立てたとの連絡が裁判所から来ました。今後の対応について留意点を教えてください。

前提となる法制度・助言内容

労働審判は、迅速かつ柔軟な紛争解決の制度です。その反面、申し立てられた企業としては、反論について、準備時間が乏しいというデメリットがあります。また、原則として3回の期日で手続きが終了しますので、通常の訴訟と同じように対処することは出来ません。

労働審判について、弁護士に依頼し、迅速かつ適切な対応を取るように説明いたしました。

企業側人事労務に関するご相談

初回1時間電話・来所法律相談無料

顧問契約をご検討されている方弁護士法人ALGにお任せください

土日祝日・年中無休・24時間電話受付中

※会社側・経営者側専門となりますので、労働者側のご相談は受け付けておりません

会社側・経営者側専門となりますので、労働者側のご相談は受け付けておりません