弁護士が介入することで約1600万円増額した事例

過失割合

後遺障害等級:
併合8級
被害者の状況:
腎臓摘出
脾臓摘出
争点:
労働能力喪失率
過失割合
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金 約1800万円 約3400万円 約1600万円増額
後遺障害等級 未定 併合8級 認定をサポート
過失割合 5対5 3対7 こちらの割合を有利に

交通事故事件の概要

知人が運転する自動車が縁石に乗り上げ転倒した拍子に、依頼者様が自動車から落下してしまったという事案です。

弁護士法人ALG埼玉法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

1 労働能力喪失率
保険会社は、労働能力喪失率35%で提示してきました。その理由は、脾臓喪失による労働能力喪失は認められないからというものでした。
確かに、脾臓喪失についての後遺障害等級は、8級から13級へと変更されました。また、脾臓は、医学上の機能な不明な臓器とも言われています。
そのため、脾臓喪失についての労働能力喪失率は、従前より争点とされてきました。
しかし、担当弁護士は、脾臓喪失に伴う労働能力喪失率が争われた裁判例や交通事故に関する専門書の記載を根拠に、8級の労働能力喪失率(45%)が妥当であると主張しました。
交渉の結果、「3 結論」記載のとおりの賠償金額を獲得できました。

2 過失割合
保険会社は、依頼者様の乗車状況を踏まえ、過失割合5:5が妥当であると主張しました。
これに対して、担当弁護士は、本件事故態様と類似の裁判例や刑事記録を根拠に過失割合3:7が妥当であると主張しました。
その結果、過失割合3:7で示談することができました。

3 結論
保険会社からの初回提案は、約1800万円程度でした。
しかし、担当弁護士が、上記争点に対して主張・立証することにより、約3400万円で示談することができました。

交通事故 解決事例一覧 交通事故ページに戻る
被害者の状況:
頚椎捻挫
争点:
過失割合
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金 70(CL)対30 10対90 こちらの割合を有利に

交通事故事件の概要

ご依頼者さまは、3車線道路の第2車線を走行中、交差点を超えたところで、第3車線を走行していた車両に、後方から衝突されました。しかしながら、相手方からは、車線変更をしたのは、ご依頼者様であって、加害者はご依頼者様であると主張されたため、弊所にご相談いただきました。

弁護士法人ALG埼玉法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

担当弁護士は、ご依頼者様の車両に搭載されたドライブレコーダーを確認したところ、交差点を超えた部分で車線が少しずれる道路であったこと、相手方が衝突してきたことを確認したうえで、相手方保険会社と交渉を行いました。
しかしながら、相手方車両に搭載されたドライブレコーダー上、ご依頼者様が車線変更してきたように見えると主張され、ご依頼者様が加害者(7割の過失がある)との主張は維持されました。5分5分での解決や、自損自弁との解決も提案されましたが、話にならなかったため、提訴しました。
裁判所では、相手方も弁護士を選任し、激しく争ってきましたが、最終的には、裁判所から1(ご依頼者様)対9の和解案が示され、こちらの主張がほとんど認められる形で和解に至りました。
担当弁護士が、交差点を超えた際の動静などを、詳細に分析し、主張したことで、裁判所にこちらの主張を受け入れてもらうことができた事案でした。
ご依頼者様も、当初加害者扱いされていたところを覆すことができたので、大変喜んでいただけた事案です。

交通事故 解決事例一覧 交通事故ページに戻る