休業損害日額・期間について交渉し、賠償金が約320万円増額した事例

慰謝料

後遺障害等級:
14級9号
被害者の状況:
頸椎捻挫
腰椎捻挫
争点:
慰謝料
個人事業主の休業損害
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 約240万円 約560万円 約320万円増額

交通事故事件の概要

ご依頼者様が赤信号で停車中、相手方運転の自動車に追突されたという事案です。

弁護士法人ALG&Associates

埼玉法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

1 慰謝料について
保険会社が事前に提案していた金額は、傷害慰謝料と後遺障害慰謝料をあわせて80万円程度でした。

そこで、弁護士がご依頼者様の通院期間等から再度、慰謝料を計算し、交渉の結果180万円程度まで増額しました。

2 個人事業主としての休業損害について
保険会社が事前に提案していた金額は、95万円程度でした。当該金額は、ご依頼者様が事故の影響で事務所を閉めていた期間の固定費等は一切考慮されていませんでした。

そこで、担当弁護士は、ご依頼者様から確定申告書や固定費に関する資料をいただき、休業損害を再計算しました。

保険会社とは、ご依頼者様の休業損害日額と期間を交渉し、結果として200万円程度まで増額しました。

3 遺失利益等その他項目も追加交渉し、最終支払金額560万円で示談することができました。

交通事故 解決事例一覧 交通事故ページに戻る
被害者の状況:
左手指骨折
マレット指等
争点:
賠償金額
慰謝料
後遺障害逸失利益
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 約277万円 約422万円 約145万円増額

交通事故事件の概要

依頼者は、自転車で優先道路を進行していたところ、相手方車両が脇道から飛び出し、相手方車両に衝突されたという事故態様でした。
依頼者は、左手指骨折等の傷害を負い、通院治療を受けることとなりました。
事前認定の結果、骨折による左手指痛等の症状について、後遺障害等級14級9号の認定を受けました。
相手方から賠償額を提示されましたが、依頼者はこの提示額が適切か否かの判断がつかず、専門家に依頼する必要を感じられ、ご依頼を頂戴しました。

弁護士法人ALG&Associates

埼玉法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

担当弁護士が相手方の提案内容を検討したところ、通院慰謝料、後遺障害慰謝料及び後遺障害逸失利益の提示額が弁護士基準に照らして低いものでした。特に、逸失利益は、依頼者の職種を一切無視して計算されていました。
そこで、担当弁護士は、交通事故紛争処理センターのあっ旋手続きを利用することとし、各種証拠を収集したうえ、主張内容を整理して申立てを行いました。
その結果、交通事故紛争処理センターのあっ旋手続期日では、当方の主張が受け入れられ、当初の提示額から約145万円増額する内容のあっ旋案が提示され、和解成立に至りました。

交通事故 解決事例一覧 交通事故ページに戻る
後遺障害等級:
なし
被害者の状況:
頸椎捻挫
争点:
慰謝料
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 約91万円 約136万円 約45万円の増額

交通事故事件の概要

依頼者が信号待ちで停車していたところ、後続の相手方車両(10tトラック)に追突されたという事故態様でした。
依頼者は、頸椎捻挫等の傷病を負い、一定期間の通院治療を受けることとなりました。
依頼者は治療終了後、今後どのように話を進めるべきかインターネット等で調べるも、判断がつかず、専門家への相談が必要と感じられ、弊所にご依頼されました。

弁護士法人ALG&Associates

埼玉法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

担当弁護士は、依頼者が悩まれている間に相手方から賠償額の提案があったことから、この提案内容を検討し、慰謝料を中心とした増額交渉を行いました。 こうした交渉の結果、わずか約1ヶ月で賠償額を約45万円増額する内容で示談成立に至りました。

交通事故 解決事例一覧 交通事故ページに戻る
後遺障害等級:
14級9号
被害者の状況:
頸椎捻挫
腰部挫傷
争点:
賠償額(休業損害・慰謝料)
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 約230万円
(当方から先に賠償額を提示し それに対しての相手方の回答)
約350万円 約120万円の増額

交通事故事件の概要

依頼者(主婦、事故当時31歳)が自転車に乗って、5差路となっている交差点で、歩行者用信号機が青であるのを確認してから交差点内に進入したところ、右側から直進してきた相手方車両に衝突されたという事故態様でした。
依頼者は、頸椎捻挫及び腰部挫傷等の傷病を負い、約10ヶ月間の通院治療を受けることとなりました。
依頼者は、症状固定となった後、どのように話を進めたらよいかわからず、専門家の助力の必要性を感じられて、弊所にご依頼されました。

弁護士法人ALG&Associates

埼玉法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

担当弁護士は、依頼者と方針に関する協議をし、後遺障害等級認定を得ることにしました。 後遺障害等級認定申請及び異議申立ての結果、後遺障害等級14級9号の認定を受けました。 担当弁護士は、後遺障害等級認定の結果を踏まえて賠償案を作成し、相手方との交渉を進めました。相手方は当初、休業損害(いわゆる主婦休損)や慰謝料について低い水準での対案を出し、その賠償額は既払い分を除いて約230万円となっていましたが、担当弁護士が家事労働への支障や依頼者の精神的苦痛を主張した結果、既払い分を除いて賠償金約350万円を支払う内容で示談が成立しました。なお、後遺障害等級認定に伴い、上記の賠償額とは別に自賠責保険から約75万円の保険金を受け取っています。 本件は、過失割合による減額もあった中で、後遺障害等級14級9号のケースとしては高額の賠償金を回収できた事例といえます。

交通事故 解決事例一覧 交通事故ページに戻る