異議申立ての結果非該当から14級9号に認定され、約300万円で示談成立した事例

家事従事者の休業損害

後遺障害等級:
14級9号
被害者の状況:
頸椎捻挫
腰椎捻挫
争点:
後遺障害等級
慰謝料
家事従事者の休業損害

交通事故事件の概要

依頼者様が片側一車線道路を自転車で走行中、相手方が運転する自動車に接触され、転倒してしまったという事案です。

弁護士法人ALG&Associates

埼玉法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

1 後遺障害について
後遺障害等級申請の結果は、「非該当」でした。
そこで、担当弁護士は、依頼者様の自覚症状をカルテ等から医学的に説明できる事情等を精査し、異議申立書を作成しました。
異議申立ての結果、14級9号に該当すると判断されました。

2 慰謝料について
保険会社が提案していた金額は、傷害慰謝料と後遺障害慰謝料をあわせて150万円程度でした。
そこで、弁護士が依頼者様の通院期間等から再度、慰謝料を計算し、交渉の結果190万円程度まで増額しました。

3 遺失利益等その他項目も追加交渉し、依頼者様の過失を考慮して、最終支払金額300万円で示談することができました。

交通事故 解決事例一覧 交通事故ページに戻る