諦めずに診療録等の精査をし、異議申立てを行ったところ、14級が認定された事例

頚部痛

後遺障害等級:
14級9号
被害者の状況:
頚部痛
争点:
後遺障害等級など
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 未提示 450万円 適正な賠償額を獲得
後遺障害等級 申請前 14級9号 認定をサポート

交通事故事件の概要

ご依頼者様は信号待ちで停車していた時に、後続車両に追突され、頚椎捻挫の傷害を負いました。その後、半年程度治療を継続したのですが、頚部痛が改善せず、症状固定と診断されました。
この段階で後遺障害の被害者請求のためにご相談いただき、ご依頼いただきました。

弁護士法人ALG&Associates

埼玉法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

担当弁護士は必要書類を揃え、後遺障害診断書のチェックを行ったうえで、自賠責保険に対して被害者請求を行いました(後遺障害部分)。しかしながら、結果は非該当として帰ってきました。
担当弁護士の所見では、14級の認定が得られても何ら不合理でない事案であったことから、ご依頼者様と相談し、異議申立てを行うことにしました。
担当弁護士が診療録等の取付を行い、精査したうえで、自賠責保険に対して異議申立てを行ったところ、無事異議が通り、14級9号の認定を受けることができました。
その後、加害者側任意保険会社と交渉を行い、最終的には約450万円(自賠責保険金込み)で示談に至ることができました。
担当弁護士が、諦めない姿勢で事件に取り組んだことから、後遺障害認定を受けることができた事案であり、ご依頼者様にも大変ご満足いただけた事案でした。

交通事故 解決事例一覧 交通事故ページに戻る