休業損害日額・期間について交渉し、賠償金が約320万円増額した事例

休業損害日額・期間について交渉し、賠償金が約320万円増額した事例

後遺障害等級:
14級9号
被害者の状況:
頸椎捻挫
腰椎捻挫
争点:
慰謝料
個人事業主の休業損害
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 約240万円 約560万円 約320万円増額

交通事故事件の概要

ご依頼者様が赤信号で停車中、相手方運転の自動車に追突されたという事案です。

弁護士法人ALG埼玉法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

1 慰謝料について
保険会社が事前に提案していた金額は、傷害慰謝料と後遺障害慰謝料をあわせて80万円程度でした。

そこで、弁護士がご依頼者様の通院期間等から再度、慰謝料を計算し、交渉の結果180万円程度まで増額しました。

2 個人事業主としての休業損害について
保険会社が事前に提案していた金額は、95万円程度でした。当該金額は、ご依頼者様が事故の影響で事務所を閉めていた期間の固定費等は一切考慮されていませんでした。

そこで、担当弁護士は、ご依頼者様から確定申告書や固定費に関する資料をいただき、休業損害を再計算しました。

保険会社とは、ご依頼者様の休業損害日額と期間を交渉し、結果として200万円程度まで増額しました。

3 遺失利益等その他項目も追加交渉し、最終支払金額560万円で示談することができました。

交通事故 解決事例一覧 交通事故ページに戻る