事故当初からのサポートにより後遺障害等級12級が認定された事例

事故当初からのサポートにより後遺障害等級12級が認定された事例

後遺障害等級:
12級
被害者の状況:
三大関節の機能障害
争点:
後遺障害等級
賠償金額
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 1000万円以上 適正な賠償額を獲得

交通事故事件の概要

後遺障害等級、賠償金額が問題となった案件です。

弁護士法人ALG&Associates

埼玉法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

本件は、歩行者対自動車の衝突事故です。
ご依頼者様は、自動車に衝突されたことにより、肩関節の可動域制限が生じました。
後遺障害等級が認定される要素として、通院期間、通院頻度、客観的な画像所見等が重要になりますので、ご依頼者様に事故当初から事細かに説明しておりました。
また、ご依頼者様に対し、医師にしっかりご依頼者様の症状をお伝えするようお願いしておりました。
その結果、後遺障害等級12級が認定されました。
そして、相手方保険会社との交渉において、逸失利益の主張を丁寧に説明・交渉することで最終的には当方の主張金額がほぼ認められました。

交通事故 解決事例一覧 交通事故ページに戻る