手首骨折の後遺障害で提示された示談金額において、弁護士が介入したところ2か月で約750万円増額した事例

手首骨折の後遺障害で提示された示談金額において、弁護士が介入したところ2か月で約750万円増額した事例

後遺障害等級:
12級
被害者の状況:
手首骨折後の疼痛、変形
争点:
賠償金額
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 約350万円 約1100万円 約750万円の増額

交通事故事件の概要

ご依頼者様は、バイクに乗車して優先道路を走行していたところ、劣後道路から侵入してきた自動車と衝突し、手首を骨折する等の傷害を負いました。半年ほど通院を続けたものの、手首の疼痛や骨の変形が残ったため、自賠責保険から第12級の後遺障害に該当するものと認定されました。

この段階で加害者側の保険会社から賠償提示を受けたため、当事務所に賠償額が適正かどうか、ご相談いただきました。

弁護士法人ALG&Associates

埼玉法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

弁護士法人ALG埼玉法律事務所の担当弁護士が提示額を確認したところ、いわゆる裁判基準からは程遠い金額でした。
特に、逸失利益について、ご依頼者様の年齢なども加味すれば、かなり低額な補償に留まるものであったため、増額の見込みが高いとご説明し、依頼を受けました。

依頼後、直ちに加害者側保険会社に対して賠償請求を行ったところ、やはり逸失利益については、低額な補償を維持する態度を示してきました。
そこで、担当弁護士が改めて主張書面を作成するなど、粘り強い交渉を行った結果、最終的には、弁護士介入前の提示額から800万円ほど増額した金額で示談に至ることができました。

ご相談から解決まで2か月程度と、短期間で解決することができた点でも、ご依頼者様にご満足いただけた事案でした。

交通事故 解決事例一覧 交通事故ページに戻る