車両損害について賠償額が約15万円増額した事例

車両損害について賠償額が約15万円増額した事例

争点:
賠償金額
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 約75万円 約90万円 約15万円の増額

交通事故事件の概要

事故態様は、優先道路を走行中のご依頼者様車両に、脇道から一時停止せず出てきた車両が衝突したものです。ご依頼者様車両は時価よりも修理費が高くなるということで経済的全損となりました。

事故時、購入してから2年弱だったため、車のローンが残っていました。そこで、ローン返済できるだけの十分な金額での示談を希望していました。

弁護士法人ALG埼玉法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

相手方保険会社からは、車両本体の時価額としてレッドブック基準の約75万円の損害賠償を提案されました。

これに対し、当事務所弁護士は、事故車両を購入した当初、各種オプションパーツをつけていたことなどに基づき、オプションパーツ費用を加算させました。また、買替車両について必要になる登録費用等の各種費用も加算させました。その結果、賠償額が、約15万円の増額となりました。

交通事故 解決事例一覧 交通事故ページに戻る