数十年疎遠な実兄に対しご依頼者様が希望する分遺産分割案を前提に調停が成立した事例

遺産分割

相続財産
預貯金
株式
自宅不動産
依頼者の被相続人との関係
親子
相続人
依頼者様
実兄
争点
遺産分割

事案の概要

依頼者様は、被相続人と同居していました。被相続人は、遺言書を残さずご逝去されたことから、依頼者様と実兄との間で遺産分割をする必要がありました。

しかし、依頼者様と実兄とは、もう何十年も疎遠になっており、実兄の所在地も不明でした。

弁護方針・弁護士対応

担当弁護士は、依頼者様と実兄との関係性を考慮して、交渉ではなく調停を申立てることにしました。

調停を申立てるにあたり、担当弁護士は、遺産の整理と実兄の所在調査を行いました。

また、調停期日の際には、一般人である実兄にも理解しやすいようにするため、文章だけの主張書面にはせず、計算式や図などを多用しました。

その結果、依頼者様が希望する分割案(A不動産を依頼者様、B不動産を実兄という分割など)を前提に調停が成立しました。

弁護士法人ALG埼玉法律事務所・相続案件担当弁護士の活動及び解決結果

調停は、3期日という短期間で成立することができ、依頼者様は不動産含め約6500万円の財産を取得することができました。

相続 解決事例一覧 相続ページに戻る