依頼者にとって数百万円ほど利益となる遺産分割交渉に成功した事例

依頼者にとって数百万円ほど利益となる遺産分割交渉に成功した事例

相続財産
約1600万(不動産、株式、預貯金)
依頼者の被相続人との関係
配偶者
相続人
兄弟
争点
遺産分割協議

事案の概要

依頼者は、相手方(被相続人の兄弟)に対し、相続放棄を希望していた。

弁護方針・弁護士対応

争点1(相続放棄の可能性)
相手方は被相続人及び依頼者と疎遠になっていたため、依頼者としては相手方に相続放棄を希望していましたが、弁護士としては相続放棄を希望する上でも、財産を開示した上で誠実に対応する方がよいとお伝えしました。

争点2(代償分割)
相手方としては、相続放棄にはやはり応じられないとのことでしたので、財産一覧表を作成した上で依頼者の寄与の程度や不動産については固定資産税評価額で計算する等、依頼者の負担が少なくなるよう相手方と誠実に交渉を行いました。

弁護士法人ALG埼玉法律事務所・相続案件担当弁護士の活動及び解決結果

代償分割となりましたが、依頼者にとって数百万円ほど利益となる遺産分割交渉ができました。
依頼者の希望は最優先ですが、交渉は相手方と行うものであり、一方的な主張をすればするほど相手方も反抗してきてしまう可能性があるので、相手方がどのような意向を持っており、その意向も一部踏まえた上で依頼者にとって最善となるよう解決していくことが重要です。

相続 解決事例一覧 相続ページに戻る