特殊詐欺事件の受け子である依頼者の更生をサポートし、短期間での示談を成立させた事例

特殊詐欺

依頼のタイミング
逮捕勾留中
罪名:
詐欺
結果
執行猶予

事件の概要

ご本人がいわゆる受け子として被害者からキャッシュカード等を交付してもらった事件。

弁護方針・弁護士対応

ご本人が逮捕されてすぐ、親族の方が弊所へ相談に来ました。
ご依頼を受けた当日、ご本人に接見に行き、ご本人自身、今回の件を真摯に反省していたことから反省文をすぐ書いて頂きました。その反省文を基に被害者との示談交渉を行いました。示談交渉においては、何度も足を運び、ご本人の被害者の方に対する謝罪の気持ち等をお伝えいたしました。誠実に交渉を重ねた結果、示談が成立しました。

控訴審

ご本人が公訴事実を認めており、かつ、真摯に反省していたことから、情状弁護(示談がなされていること、ご本人が真摯に反省していること、再犯のおそれがないこと等を詳細にお伝えしました。)を行いました。

弁護士法人ALG埼玉法律事務所・刑事事件担当弁護の活動及び解決結果

弁護士が被害者と示談交渉を始めてから短期間で示談が成立し、最終的には執行猶予となりました。
示談の他にも、ご本人自身が更生するために仕事を一緒になって探したり、不誠実な人間との関わりをなくすために尽力しました。

刑事事件 解決事例一覧 刑事事件ページに戻る
依頼のタイミング
逮捕時
罪名:
詐欺罪(特殊詐欺)
結果
執行猶予

事件の概要

本件は、依頼者が特殊詐欺の受け子として逮捕された事件です。被害者から、キャッシュカードを預かった上、ATM等により預金を引き出しました。

弁護方針・弁護士対応

依頼者は特殊詐欺の受け子としての認識はなかったのですが、被害者から直接キャッシュカードを預かった際に、抽象的には犯罪に関与しているとの認識を有していました。
そのため、依頼者に対し、本件が社会問題化している特殊詐欺にあたり、素行不良な友人との関係を一切断ち切るよう、依頼者の環境調整をしました。 また、被害者らに誠心誠意示談交渉を行った結果、宥恕条項を含む示談書・嘆願書を作成して頂けました。

弁護士法人ALG埼玉法律事務所・刑事事件担当弁護の活動及び解決結果

特殊詐欺案件で、かつ、金額も少額ではなかったですが、被害者らと示談をしたこと・嘆願書を作成して頂けたこと・依頼者が深く反省していたこと等から、執行猶予付き判決となりました。

刑事事件 解決事例一覧 刑事事件ページに戻る