弁護士介入後、ご依頼者の満足した内容で離婚成立となった事例

離婚

依頼者の属性
20代
女性
専業主婦
子供有
相手の属性
40代
男性
自営業
受任内容
依頼者が満足した内容での離婚
弁護士法人ALGに依頼した結果
婚姻費用 もらえていない 月額10万円 適正な婚姻費用を獲得
離婚・親権 話し合い不可 離婚成立・親権獲得 希望通りの結果に

事案の概要

本件は、相手方との間に子供を出産したものの、同居期間がわずか数カ月で実家に戻ってきたご依頼者様が、親権を獲得して離婚をしたいが相手方と話合いができないため、相手方と交渉をしてほしいとの依頼を受けたものです。

弁護方針・弁護士対応

本件は、相手方が離婚に対して、どのような考えを有しているのか、そもそもわからないという懸念がありました。

そこで、アンケートを作成し相手方へ郵送し、離婚に応じる意思があるのか、親権を獲得したいのか、養育費を支払う意思があるのか、面会交流についてはどのように考えているのかについて、相手方の意向を確認することから始めました。

弁護士法人ALG&Associates

埼玉法律事務所・離婚案件担当弁護士の活動及び解決結果

相手方からのアンケートの返送により、相手方が離婚に応じる意思があること、親権は求めないことが分かりました。

また、ご依頼者様は、親権が獲得できれば、婚姻費用や養育費は要らないと主張していましたが、全く今まで婚姻費用をもらったことがなかったことから、弁護士の介入により、未払婚姻費用と離婚成立までの婚姻費用をきちんと支払ってもらうことができました。

養育費について請求するつもりがないというご依頼者様の意向に沿って、養育費は請求しない代わりに、相手方から面会交流を求めることがないよう合意書を作成し、今後、相手方との関係性を断ちたいというご依頼者様の希望も叶えることができました。

離婚 解決事例一覧 離婚ページに戻る
依頼者の属性
40代
女性
正社員
子供1人
相手の属性
40代
男性
正社員
受任内容
離婚交渉
弁護士法人ALGに依頼した結果
慰謝料等 約300万円 解決金約100万円 希望通りの結果に

事案の概要

本件のご依頼者様は、相手方が不貞行為を行っていたため、慰謝料を請求のうえ離婚したいとの内容でご相談にいらっしゃいました。

相談時に、不貞行為を裏付ける証拠を確認したところ、相手方と第三者との疑わしいメールでのやり取りが存在したものの、裁判になった際に不貞行為と認定されるに足りる証拠は存在しませんでした。

弁護方針・弁護士対応

相談時においては、相手方の意向は不明確でありましたが、おそらく不貞の事実は否認すると思われました。

また、財産分与をすることも予定していたのですが、交渉を進めるにあたって、担当弁護士が財産資料を確認したところ、依頼者が数か月間で数百万円を使い込んでいることが判明しました。このことから、財産資料を開示すると、相手方からご依頼者様が使い込んだ金銭の返還を求められる可能性もあると考えました。

以上から、不貞の事実を証拠によって証明したり、財産資料を開示し合って厳格に財産分与をするのではなく、相手方から解決金の支払いを受けて離婚をするというのがよいと考えました。

弁護士法人ALG&Associates

埼玉法律事務所・離婚案件担当弁護士の活動及び解決結果

相手方が当方に解決金という名目で100万円を一括で支払うという内容の合意に至りました。

その他に、ご依頼者様が強くこだわっていた親権や相当額の養育費も獲得することができました。

離婚 解決事例一覧 離婚ページに戻る
依頼者の属性
40代
女性
会社員
子供有
相手の属性
40代
男性
会社員
受任内容
相手方との離婚及び離婚後の生活の安定
弁護士法人ALGに依頼した結果
依頼前:法定離婚事由はなく、同居しているため、離婚交渉が進まない状態
依頼後:20歳を超えて以降の養育費獲得及び相手方から数千万円の財産分与金を獲得しての離婚

事案の概要

本件は、依頼者様は早期離婚を考えているが、相手方は離婚を拒否し続けているため、当事者間では一向に離婚協議がまとまらない(相手方がまともに協議の場につかない)という事案でした。

弁護方針・弁護士対応

本件は、ご依頼者様が相手方の財産状況を把握しておらず、相手方も離婚を拒否しているため、以下のような争点・懸念点がありました。

・相手方に法定離婚事由がない点
・交渉期間中、相手方が依頼者様と同居を継続している点
・相手方から財産分与対象財産の開示がなされるか不明な点

弁護士法人ALG&Associates

埼玉法律事務所・離婚案件担当弁護士の活動及び解決結果

相手方は、当初離婚を拒否していましたが、依頼者様の意向が変わることがないこと等を懇切丁寧に説明し、説得を重ねました。

また、子が成人した後も学費等が必要であることやご依頼者様が離婚後の生活状況を心配していたことから、相手方管理財産の開示について、あえて専門用語は用いずに説明したところ、相手方はこれに応じ、適正な養育費及び財産分与金も獲得できました。

結果として、相手方との離婚の合意ができ、適正な養育費金額及び財産分与金を獲得できました。

離婚 解決事例一覧 離婚ページに戻る
依頼者の属性
40代
女性
会社員
子どもなし
相手の属性
50代
男性
会社員
受任内容
相手方から慰謝料500万円を受け取って離婚
弁護士法人ALGに依頼した結果
慰謝料500万円
婚姻費用3年分 360万円
合計860万円
解決金500万円

事案の概要

ご依頼者様の夫が、少なくとも3年以上前から不貞行為に及んでいました。当初は、ご依頼者様も円満に解決することを望んでいましたが、相手方の離婚意思が強く、状況が改善する見込みがありませんでした。

そこで、相手方からできるだけ多くの慰謝料を獲得した上で離婚をするとの意向に変わり、弊所に相談のうえ、ご依頼くださいました。

弁護方針・弁護士対応

不貞慰謝料として500万円という金額は、高額であるため獲得できる可能性は低いと考えました。

そこで、財産分与も含めて500万円ということを考えましたが、相手方よりもご依頼者様の方が多くの財産を有している可能性が高いため、財産分与を請求するのは危険であると判断しました。

相手方が不貞行為に及んでいたことについては、客観的な証拠から確信しておりましたので、相手方からの離婚請求は当分の間認められないことに着目し、慰謝料500万円及び婚姻費用3年分を支払えば離婚に応じると相手方に打診しようと考えました。

交渉の結果、減額されることも予想してこのような提案をし、最終的に500万円を獲得できればよいと考えました。

弁護士法人ALG&Associates

埼玉法律事務所・離婚案件担当弁護士の活動及び解決結果

相手方から解決金500万円を支払いを受けたうえで離婚が成立しました。

離婚 解決事例一覧 離婚ページに戻る
依頼者の属性
40代
男性
会社員
子供有
相手の属性
40代
女性
無職
受任内容
相手方との早期の離婚
弁護士法人ALGに依頼した結果
数年間別居状態で離婚交渉が進まない状態 弁護士介入後、早期に離婚成立

事案の概要

本件は、相手方が不貞を行い、長年別居が継続しているものの、当事者間では一向に離婚協議がまとまらない(相手方がまともに協議の場につかない)という事案でした。

弁護方針・弁護士対応

本件は、相手方が不貞の事実を認めているものの、以下のような争点・懸念点がありました。

  • ・相手方には慰謝料を支払う原資がないこと
  • ・当方には、依頼者名義の不動産や預貯金等の財産があったこと
  • ・長年別居状態を継続しているが、相手方が折を見て自宅に出入りしていたこと
  • ・弁護士が介入するまでに、当事者間での離婚協議は膠着(こうちゃく)状態にあったこと

当方の要望は、相手方から慰謝料を獲得することではなく、早期の離婚であった。

そこで、担当弁護士としては、早期の離婚を前提に、相手方には慰謝料を請求しないという離婚条件を提案しました。

また、当該提案に加えて、当方から相手方に対して、当面の生活費を支払うという提案もしました。

弁護士法人ALG&Associates

埼玉法律事務所・離婚案件担当弁護士の活動及び解決結果

結果として、相手方に当面の生活費を支払うことを条件に、財産分与等は行わずに当初の予定よりも大幅に早期に離婚が成立しました。

離婚 解決事例一覧 離婚ページに戻る
依頼者の属性
男性
40代
子どもあり
相手の属性
女性
40代
受任内容
離婚

事案の概要

性格の不一致により、夫婦関係が悪化したため、離婚の条件を整えた上で離婚したいとのご相談がありました。

弁護方針・弁護士対応

本件は、ご依頼者様が早期離婚希望であり、特に法定離婚事由はございませんでした。

相手方は離婚する場合は、多額な離婚に伴う慰謝料を支払ってもらわない限り、離婚に応じられないという対応でした。

そのため、早期解決を前提に離婚に伴う慰謝料の発生義務はないことを前提としつつ、財産分与の金額を抑えながら(特有財産の主張立証を詳細に行いました。)、解決金としてご依頼者様が納得できる金額を提案した結果、無事早期離婚できました。

その他にも養育費の金額、面会交流等もご依頼者様にとって最善の解決になるようにできました。

弁護士法人ALG&Associates

埼玉法律事務所・離婚案件担当弁護士の活動及び解決結果

調停の結果として、

  • ・解決金として妥当な金額を支払うこと
  • ・財産分与として、特有財産の主張が認められたうえでの金額であったこと

等の内容で合意に至りました。

ご依頼者様は受任時点で疲弊していたため、担当弁護士は、介入後ご依頼者様との打合せを綿密に重ね、相手方と交渉をしました。その結果、ご依頼者様の要望に沿った結果を獲得することができました。

離婚 解決事例一覧 離婚ページに戻る
依頼者の属性
男性、40代、子どもあり
相手の属性
女性、40代
受任内容
離婚
弁護士法人ALGに依頼した結果
依頼前・初回請求額 500万 300万円 約200万円の減額

事案の概要

相手方の不貞発覚を契機として夫婦関係が悪化したため、離婚の条件を整えた上で離婚したいとのご相談がありました。

弁護方針・弁護士対応

本件は、相手方が不貞の事実を当初は否認していました。
そのため、当方は不貞があったことを論理的にご説明し、交渉した結果、相手方からは離婚に伴う慰謝料として300万円を支払って頂けました。
その他、養育費の金額、財産分与、面会交流等も依頼者にとって最善の解決になるよう交渉しました。

弁護士法人ALG&Associates

埼玉法律事務所・離婚案件担当弁護士の活動及び解決結果

交渉結果として、
・相手方が当方に慰謝料として300万円を支払うこと
・財産分与として、不動産を依頼者が取得すること
・面会交流を自由に認める
等の内容で合意に至りました。
依頼者は受任時点でかなり疲弊していたため、担当弁護士は、介入後依頼者との打合せを綿密に重ね、相手方と交渉をしました。その結果、依頼者の要望に沿った結果を獲得することができました。

離婚 解決事例一覧 離婚ページに戻る
依頼者の属性
40代、女性、会社員
相手の属性
40代、男性、会社役員
受任内容
離婚交渉

事案の概要

本件は、相手方が不貞をした上、離婚を請求された案件です。
依頼者は、子ども達と住む上で住居を取得したいとの強い希望を有しておりました。

弁護方針・弁護士対応

方針:不動産の名義変更交渉
不動産の残債務が多額であり、かつ、当該不動産の他に相当の財産が形成されておりましたので、財産分与の方法としては、同不動産の債務を含め通算することが公平に資すると主張をしました。
そのうえで、離婚に伴う慰謝料を請求しない代わりに、相手方名義の財産を全て住宅ローン債務に充当するという交渉を行いました。

弁護士法人ALG&Associates

埼玉法律事務所・離婚案件担当弁護士の活動及び解決結果

相手方との交渉の結果、不動産については名義変更が叶い、かつ、相手方名義の財産についても全て住宅ローン債務に充当する結果となりました。

離婚 解決事例一覧 離婚ページに戻る
依頼者の属性
女性
40代
派遣社員
子供有
相手の属性
男性
40代
会社員
受任内容
依頼者および子供が経済的に充実した状態での離婚

事案の概要

本件は、相手方が不貞を行い、自宅から出て行き、不貞女性と一緒に生活を開始したものの、その後、自宅で生活していた依頼者と子供を自宅から追い出し、自らが不貞女性とともに自宅での生活を開始しているような状況でした。

依頼者は、1年近く当事者間で調停を行っていたため、かなり疲弊した状態で弊所にご相談のうえ、ご依頼くださいました。

弁護方針・弁護士対応

本件は、相手方が不貞の事実を認めているものの、以下のような争点・懸念点がありました。

  • ・相手方による、慰謝料150万円を長期割払いという当方が到底受け入れることができないような提案
  • ・相手方による、養育費について、子供が20歳になる月までしか支払わないという提案
  • ・弁護士が介入するまでに、当事者間で1年近く調停を継続しており、膠着(こうちゃく)状態にある
  • ・住宅購入費の一部分に当方の特有財産が使われているという当方の主張根拠が乏しい

以上に加えて、当方に長年代理人が付いていなかったことから、相手方は「有責配偶者」という状況についての認識が甘く、自らの都合で離婚しようとしていました。

そこで、弊所担当弁護士が、相手方は有責配偶者である以上、依頼者側に対する経済的支援が乏しい場合、当方は離婚に応じることは困難であることを、書面および調停の場で説得的に主張しました。

弁護士法人ALG&Associates

埼玉法律事務所・離婚案件担当弁護士の活動及び解決結果

調停結果として、

  • ・相手方が当方に解決金として375万円を一括で支払うこと
  • ・養育費について、子供が大学へ進学した場合には、大学等を卒業するまでという支払い期間が延長したこと
  • ・財産分与として、時価250万円程度の自動車を当方が獲得すること

等の内容で合意に至りました。

依頼者は受任時点でかなり疲弊していたため、担当弁護士は、介入後初回調停期日までに依頼者との打合せを重ね、事前に書面等を提出し、調停に臨みました。その結果、初回の調停という早期のタイミングで充実した調停結果を獲得することができました。

離婚 解決事例一覧 離婚ページに戻る