交渉の結果、相手方から離婚に伴う慰謝料として300万円を支払っていただけた事例

交渉の結果、相手方から離婚に伴う慰謝料として
300万円を支払っていただけた事例

依頼者の属性
男性、40代、子どもあり
相手の属性
女性、40代
受任内容
離婚
弁護士法人ALGに依頼した結果
依頼前・初回請求額 500万 300万円 約200万円の減額

事案の概要

相手方の不貞発覚を契機として夫婦関係が悪化したため、離婚の条件を整えた上で離婚したいとのご相談がありました。

弁護方針・弁護士対応

本件は、相手方が不貞の事実を当初は否認していました。
そのため、当方は不貞があったことを論理的にご説明し、交渉した結果、相手方からは離婚に伴う慰謝料として300万円を支払って頂けました。
その他、養育費の金額、財産分与、面会交流等も依頼者にとって最善の解決になるよう交渉しました。

弁護士法人ALG埼玉法律事務所・離婚案件担当弁護士の活動及び解決結果

交渉結果として、
・相手方が当方に慰謝料として300万円を支払うこと
・財産分与として、不動産を依頼者が取得すること
・面会交流を自由に認める
等の内容で合意に至りました。
依頼者は受任時点でかなり疲弊していたため、担当弁護士は、介入後依頼者との打合せを綿密に重ね、相手方と交渉をしました。その結果、依頼者の要望に沿った結果を獲得することができました。

離婚 解決事例一覧 離婚ページに戻る