不貞行為の証拠が乏しい中で解決金の支払いを受け、離婚が成立した事例

不貞行為の証拠が乏しい中で解決金の支払いを受け、離婚が成立した事例

依頼者の属性
40代
女性
正社員
子供1人
相手の属性
40代
男性
正社員
受任内容
離婚交渉
弁護士法人ALGに依頼した結果
慰謝料等 約300万円 解決金約100万円 希望通りの結果に

事案の概要

本件のご依頼者様は、相手方が不貞行為を行っていたため、慰謝料を請求のうえ離婚したいとの内容でご相談にいらっしゃいました。

相談時に、不貞行為を裏付ける証拠を確認したところ、相手方と第三者との疑わしいメールでのやり取りが存在したものの、裁判になった際に不貞行為と認定されるに足りる証拠は存在しませんでした。

弁護方針・弁護士対応

相談時においては、相手方の意向は不明確でありましたが、おそらく不貞の事実は否認すると思われました。

また、財産分与をすることも予定していたのですが、交渉を進めるにあたって、担当弁護士が財産資料を確認したところ、依頼者が数か月間で数百万円を使い込んでいることが判明しました。このことから、財産資料を開示すると、相手方からご依頼者様が使い込んだ金銭の返還を求められる可能性もあると考えました。

以上から、不貞の事実を証拠によって証明したり、財産資料を開示し合って厳格に財産分与をするのではなく、相手方から解決金の支払いを受けて離婚をするというのがよいと考えました。

弁護士法人ALG&Associates

埼玉法律事務所・離婚案件担当弁護士の活動及び解決結果

相手方が当方に解決金という名目で100万円を一括で支払うという内容の合意に至りました。

その他に、ご依頼者様が強くこだわっていた親権や相当額の養育費も獲得することができました。

離婚 解決事例一覧 離婚ページに戻る