不貞行為の証拠が乏しい中で、解決金の支払いを受け、離婚が成立した事例

不貞行為の証拠が乏しい中で、解決金の支払いを受け、
離婚が成立した事例

依頼者の属性
50代
女性
正社員
子供なし
相手の属性
60代
男性
定年退職済み
受任内容
財産分与
不貞慰謝料の支払い
弁護士法人ALGに依頼した結果
慰謝料 約300万円 約100万円 一括での支払い

事案の概要

本件は、相手方が不貞行為を行っていたため、慰謝料の支払い及び離婚を求めて弊所にご相談に来ました。

不貞行為の証拠として、相手方が不貞相手の女性と会話している状況を録音した音声データがありましたが、不貞行為を立証するには足りないものでした。

すでに依頼者が夫婦関係調整調停を申し立てていましたが、調停をどのように進めていけばよいかわからず、弊所にご相談のうえ、ご依頼くださいました。

弁護方針・弁護士対応

相手方は、不貞の事実を否認しており、かつ当方が把握している証拠も乏しかったため、不貞行為を立証することはできない状況でした。

そのため、不貞行為を証拠によって証明するという方針ではなく、不貞行為をしたかどうかにかかわりなく、解決金としていくらか支払わせて離婚をするという方針にしました。

調停では、相手方が離婚を望んでいたため、解決金を支払うのであれば早期に離婚に応じてもよいと主張しました。

また、双方の財産内容を明らかにし、財産分与も行うことを主張しました。

弁護士法人ALG埼玉法律事務所・離婚案件担当弁護士の活動及び解決結果

調停結果として、

  • ・相手方が当方に解決金という名目で100万円を一括で支払うこと
  • ・財産分与として、250万円を一括で支払うこと

という内容の合意に至りました。

離婚 解決事例一覧 離婚ページに戻る