通院のアドバイスを行った結果、14級が認められた事例

14級

後遺障害等級:
14級
被害者の状況:
頚部痛
腰痛
争点:
賠償金額
弁護士法人ALGに依頼した結果
後遺障害等級 非該当 14級 異議申立てにより等級認定

交通事故事件の概要

ご依頼者様が自動四輪車に乗って信号待ちの際、加害車両に後ろから追突されたという事案です。
事故直後から頚部及び腰部の痛みが発生し、病院では頚椎捻挫及び腰椎捻挫と診断されました。
事故後まもなく示談交渉までの依頼を受けました。
その後も治療を続け、事故から約6か月間治療を続けましたが、頚部及び腰部の痛みが残ってしまったため、後遺症の申請をすることにしました。

弁護士法人ALG&Associates

埼玉法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

事故後約6か月間通院を継続したにもかかわらず、症状が軽快しなかったため、後遺障害の申請をすることにしました。後遺障害の申請をしたところ、自賠責保険から後遺障害には該当しないとの結果となりました。
しかし、治療期間約6か月間に及ぶことや実通院日数が約90日であることなどからすると、後遺障害14級に該当する可能性が高いと考え、異議申立てをしました。異議申立書では、一定の通院頻度で長期間にわたり通院をしたこと、事故状況や車両の破損状況からすると後遺症が生じる可能性が高い旨を説得的に記載しました。
その結果、無事に異議が認められ、頚部痛及び腰痛の双方ともに自賠責保険における後遺障害14級に該当するとの判断がされました。
また、14級に該当することを前提に示談交渉をし、最終的には自賠責保険金75万円とは別に、約260万円の支払いをもって示談することができました。
受任時に、自賠責保険に後遺障害と認定されるためには一定の通院頻度を保つ必要がある旨をご依頼者様に説明し、そのアドバイスにしたがって通院したことが後遺障害と認定される大きなポイントであったと思います。

交通事故 解決事例一覧 交通事故ページに戻る
後遺障害等級:
14級
被害者の状況:
右手関節痛
争点:
賠償金額
弁護士法人ALGに依頼した結果
後遺障害等級 14級

交通事故事件の概要

ご依頼者様は、バイクに乗って優先道路を走行していたところ、交差点左側から自動車が飛び出してきて衝突しました。
この事故によって、ご依頼者様は、右手首のあたりを複数個所骨折する傷害を負いました。
事故から約1か月経過した頃、ご依頼者様から示談交渉を弊所にご依頼いただきました。
ご依頼いただいた理由は、平日の日中は仕事をしており、保険会社と連絡を取ることが困難であること、保険会社とうまく連絡が取れないことによって不利になってしまうのではないかと不安に思っていたとのことでした。

弁護士法人ALG&Associates

埼玉法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

受任時に、ご依頼者様のお話しを伺ったところ、事故から1か月程度しか経過していない状況でしたので、今後の通院の仕方によって後遺障害が認められるか否かが変わり得ると考えました。
そこで、治療が終わるまでは治療に専念してもらい、後遺症が残った場合に備えて、週3日程度は通院をして通院を続けるようにアドバイスしました。
事故から約6か月治療を継続しましたが、ご依頼者様の右手関節痛が治ることがなかったので、後遺障害の申請をしたところ、無事14級9号の後遺障害が認定されました。
後遺障害が認定されたので、これを前提に示談交渉をしたところ、保険会社からは逸失利益は3年分しか支払わない、合計金額約175万円での示談を持ち掛けられました。
しかし、ご依頼者様の状況からすれば、裁判では少なくとも250万円を下らないと考えていたことから、強気に交渉しました。
最終的には、逸失利益は7年分認められ、既払金を除いた賠償金全体では、約295万円で示談することができました。

交通事故 解決事例一覧 交通事故ページに戻る
後遺障害等級:
14級
被害者の状況:
頚部痛
腰部痛
左手のしびれ等
争点:
賠償金額

交通事故事件の概要

ご依頼者様は、渋滞で停車していたところ、後続のトラックに追突されました。ご依頼者様が病院に行ったところ、頸椎捻挫、腰椎捻挫と診断されました。
その後、約1年程度通院を継続して治療に努めましたが、頚部痛及び腰部痛等の症状が残ってしまったため、後遺障害の申請をすることを考えておりました。
後遺障害の申請から示談交渉までをご依頼者様一人で行うことに不安があったとのことであり、以後の手続を弊所にご依頼いただきました。

弁護士法人ALG&Associates

埼玉法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

ご依頼者様のお話しを伺ったところ、通院頻度が週3,4回であり、通院期間も約1年と長期にわたっていたことがわかりました。このような治療状況からすれば、後遺障害が認定される可能性は十分あると考えました。
そこで、後遺障害を申請してから示談交渉に移行することに決めました。
後遺障害が認定されなかった場合には、異議申立てをする予定でした。
幸いにも、頚部痛及び腰部痛の2つの症状で後遺障害14級が認定されましたので、これを前提として示談交渉することになりました。
示談交渉を開始したところ、相手方保険会社は、慰謝料は裁判基準の80%の金額支払い、後遺症逸失利益については、裁判では通常5年分支払われるにもかかわらず、3年分のみ支払うとのことでした。
その後、保険会社と交渉を続け、最終的には、慰謝料は裁判基準の90%以上の金額となり、後遺症逸失利益については5年分認めさせることができ、既払金を除いて合計約270万円を支払うという内容の示談が成立しました。

交通事故 解決事例一覧 交通事故ページに戻る
後遺障害等級:
14級
被害者の状況:
頚項部痛
右肩甲部痛
弁護士法人ALGに依頼した結果
後遺障害等級 申請未了 14級 認定をサポート

交通事故事件の概要

歩行者を待つため停止していた被害車両に対して、加害車両が追突した事案。被害車両の運転手であるご依頼者様は、事故の衝撃によって、首及び肩に痛みを生じるようになり、整形外科と整骨院に通院を重ねていました。事故から4か月経過した時点で、弊所へのご依頼がありました。

弁護士法人ALG&Associates

埼玉法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

担当弁護士から通院方法等について助言をし、事故後6か月まで通院を継続しました。また、担当弁護士からご依頼者様に対して、通院・治療状況やケガの状態を含めて、後遺障害等級認定の可能性について詳しく説明をしました。そして、担当弁護士から提供した情報をもとにご依頼者様が後遺障害等級認定の申請を行うことを決定し、弊所で必要な書類の収集、作成を行い、申請を行いました。申請の結果、後遺障害等級14級の認定を得ることができました。
本件は、弁護士を入れたことで、十分な情報のもとで申請をするかを判断し、迅速に申請手続を進めることができた事案です。

交通事故 解決事例一覧 交通事故ページに戻る