手と肩に併合14級が認定され、相手方提示額より約100万円増額した事例

逸失利益

後遺障害等級:
併合14級(14級9号)
被害者の状況:
左手痛
右肩痛
争点:
慰謝料
逸失利益

交通事故事件の概要

ご依頼者様が自転車で通行中に、交差路から侵入してきた相手方の自動車が一時停止を怠ったため、ご依頼者様に衝突した事案です。衝突によってご依頼者様は転倒し、地面についた左手の指を骨折しました。
交通事故後、ご依頼者様は1年程度通院を続けており、症状固定の直前に弊所にご依頼いただきました。

弁護士法人ALG&Associates

埼玉法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

受任後、弊所弁護士がご依頼者様にアドバイスをしながら後遺障害診断書の作成を受け、弊所弁護士主導で後遺障害等級認定の申請を行いました。申請の結果、左手の複数の指の痛み等、右肩の痛み等について、それぞれ14級9号の後遺障害が認められ、併合14級という認定がされました。
その後、相手方保険会社との間で示談交渉を開始。相手方保険会社は、当初、賠償額として約200万円を提示してきました。しかし、提示された慰謝料や逸失利益の金額は、ご依頼者様の求めていた水準に不足するものでした。そこで、弊所弁護士において、後遺障害がご依頼者様の職務に及ぼす支障について書面で主張するなど、相手方保険会社との交渉をくりかえしました。
交渉の結果、相手方保険会社は、逸失利益の計算にあたり、労働能力喪失期間を10年として計算することに応じるとの結論になりました。14級の後遺障害の場合、労働能力喪失期間は通常5年前後として逸失利益の計算がされることが多いため、約2倍の期間を前提とすることになります。また、傷害慰謝料も約15万円、後遺障害慰謝料も約10万円、それぞれ増額することができました。これにより、賠償額全体も約300万円に増額する結果となりました。

交通事故 解決事例一覧 交通事故ページに戻る
後遺障害等級:
9級15号
被害者の状況:
高次機能障害
争点:
賠償金
逸失利益

交通事故事件の概要

車道を自転車で走行中、追い抜いてきた自動車に接触し、転倒。
そのまま緊急搬送され、頭蓋骨骨折等の傷害を負いました。

弁護士法人ALG&Associates

埼玉法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

担当弁護士は、事故当初から本件を担当することになり、依頼者様の適正な治療期間や後遺障害等級が認定されるべく、加害者側保険会社との協議や主治医への医療照会等を実施しました。
その結果、後遺障害等級9級15号と認定されました。

示談交渉の際には当初、逸失利益に大きな差がありましたが、依頼者様が現に仕事に支障があること等を根拠に交渉を重ね、最終的には適正な逸失利益を獲得することができました。
また、傷害慰謝料や後遺障害慰謝料も適正な額を獲得できました。

事故当初から受任することによって、治療状況や後遺障害等級申請のための資料準備にも十分な時間を充てることができ、後遺障害等級や獲得金額いずれもご依頼者様にとっても満足のいく結果となりました。

交通事故 解決事例一覧 交通事故ページに戻る
後遺障害等級:
9級15号
被害者の状況:
脳挫傷
頭頂部骨折
急性くも膜下出血
争点:
後遺障害等級
慰謝料
逸失利益

交通事故事件の概要

本件は、依頼者が車道を自転車で走行していたところ、後方から走行してきた加害車運転車両が依頼者に接触して生じた事故です。
依頼者は、頭部をコンクリートに強く打ち付けてしまい、意識を失ってしまいました。

弁護士法人ALG&Associates

埼玉法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

1 後遺障害等級について
診断書を取り寄せたところ、脳挫傷等の傷病や依頼者が事故当時に意識障害を生じさせていたとの記載がありました。
そのため、担当弁護士は、高次脳機能障害と認定される可能性があると考え、後遺障害等級申請を考えていました。
そこで、担当弁護士は、依頼者の治療中より後遺障害等級申請を見据えて、主治医に医療照会を行う等準備を行っていました。
その結果、依頼者は、後遺障害等級「9級15号」と認定されました。

2 交渉の経緯について
上記等級を前提に、傷害慰謝料、後遺障害等級慰謝料、逸失利益を中心に加害者保険会社との交渉を行いました。
交渉の結果、傷害慰謝料と後遺障害慰謝料は請求金額満額を、逸失利益についても適正な金額を獲得することができ、早期のうちに示談が成立しました。

交通事故 解決事例一覧 交通事故ページに戻る
後遺障害等級:
14級
被害者の状況:
頸椎捻挫
争点:
逸失利益
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金 未提示 約262万円 適正な賠償金額を獲得

交通事故事件の概要

むちうちが問題となった案件です。相手方保険会社と逸失利益等の問題で、対応することになりました。

弁護士法人ALG&Associates

埼玉法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

むちうちについては、労働能力喪失期間が限定されることがほとんどですが、ご依頼者の職業、職業に与える影響、現存する症状等を具体的に主張しました。 その結果、逸失利益(5年)を含め当方が主張する損害賠償額のほとんどが認められた上で、和解することができました。

交通事故 解決事例一覧 交通事故ページに戻る
後遺障害等級:
12級7号
被害者の状況:
下肢の可動域制限
争点:
逸失利益
過失相殺
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金 1600万 後遺障害に見合った賠償金額を
過失割合 15対85 10対90 こちらに有利に

交通事故事件の概要

ご依頼者さまは信号整理のされた交差点に自動二輪車を運転して直進にて進入したところ、そのタイミングで対向車線から四輪車が右折してきたことで衝突し、大腿骨を骨折したという事案です。
相手方保険会社と過失割合で、合意できなかったことから、当事務所にご相談いただくこととなりました。

弁護士法人ALG&Associates

埼玉法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

担当弁護士は、相手方が、ご依頼者様が交差点に進入したタイミングで右折してきたと伺ったことから、過失割合は、少しご依頼者様に有利に修正されるべきであることや、治療中であったことから、適切な治療期間を確保するためや、仮に後遺障害が残ってしまったときに、自賠責保険から適正な認定を受けるためにも、弁護士に依頼するメリットがあると説明し、ご依頼いただきました。
過失割合については、刑事記録の取付を待つことになり、その間に、症状固定したため、後遺障害の被害者請求を行いました。
被害者請求の結果、無事第12級7号の後遺障害が認定され、そのタイミングで刑事記録の取付も完了しました。
そこで、担当弁護士が刑事記録の記載を詳細に引用した、損害賠償請求書を作成し、相手方保険会社と交渉しました。
結果として、過失割合をこちらに有利に修正し、又治療費を除き、1600万円(自賠責保険金含む)の賠償金を獲得することができました。
金銭的な面だけでなく、過失割合をこちらに有利に修正できたことでも、ご依頼者様にご満足いただけた事案でした。

交通事故 解決事例一覧 交通事故ページに戻る
後遺障害等級:
14級9号
被害者の状況:
頸椎捻挫
腰椎捻挫
争点:
休業損害
逸失利益

交通事故事件の概要

依頼者が、渋滞待ちのために停車していたところ、後続車から追突されたという事故態様でした。
依頼者は、頸椎捻挫及び腰椎捻挫といった傷病を負い、約8ヶ月間の通院治療を受けることとなりました。
依頼者は、本件事故当時、無職(転職活動中)の身であったため、賠償額の内容がどうなるのか不安があり、専門家の助力の必要性を感じられ、弊所にご依頼くださいました。

弁護士法人ALG&Associates

埼玉法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

担当弁護士は、依頼者が症状固定を迎えた後、後遺障害等級認定申請を被害者請求で行い、14級9号の認定を受けました。 相手方との交渉では、依頼者が事故当時無職であったため、休業損害と逸失利益の計算が問題となりました。 相手方にも代理人が就いて、協議が重ねられた結果、休業損害は、前職の退職時期と転職活動期間の長さを理由に否定されたものの、逸失利益は、依頼者と同年代、同学歴の平均賃金の値を用いる方法で算出することとなり、最終的には、既払い分や自賠責からの保険金(75万円)を除く、合計約290万円の賠償金を支払ってもらう内容で示談が成立しました。

交通事故 解決事例一覧 交通事故ページに戻る