後遺障害診断書の作成からサポートした結果、併合2級が認められ、4000万円以上で示談成立した事例

下肢

後遺障害等級:
別表第二併合第2級
被害者の状況:
下肢切断
可動域制限等
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 4000万円以上 適正な賠償額を獲得

交通事故事件の概要

ご依頼者様は横断歩道を歩行中に車両に轢過されたために、下肢切断、可動域制限等の重傷を負いました。
弊所には治療が終了する段階で、適正な後遺障害申請を行いたいということでご相談いただきました。

弁護士法人ALG&Associates

埼玉法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

担当弁護士は、ご依頼者様の身体に残る症状などを検討し、医師宛の診断書作成依頼状などを作成し、後遺障害診断書の作成からサポートいたしました。
その結果、種々の後遺障害が認められ、最終的な等級は別表第二併合第2級となりました。
その後、任意保険会社に対して損害賠償請求を行い、別表第二では認められ難い将来介護費を一部認めさせ、計4000万以上(自賠責保険金含む。)の賠償金で示談いたしました。
高齢の方ではあったものの、適正な賠償額となったことで、依頼者の方にはご満足いただくことが出来ました。

交通事故 解決事例一覧 交通事故ページに戻る