手と肩に併合14級が認定され、相手方提示額より約100万円増額した事例

上肢

後遺障害等級:
併合14級(14級9号)
被害者の状況:
左手痛
右肩痛
争点:
慰謝料
逸失利益

交通事故事件の概要

ご依頼者様が自転車で通行中に、交差路から侵入してきた相手方の自動車が一時停止を怠ったため、ご依頼者様に衝突した事案です。衝突によってご依頼者様は転倒し、地面についた左手の指を骨折しました。
交通事故後、ご依頼者様は1年程度通院を続けており、症状固定の直前に弊所にご依頼いただきました。

弁護士法人ALG&Associates

埼玉法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

受任後、弊所弁護士がご依頼者様にアドバイスをしながら後遺障害診断書の作成を受け、弊所弁護士主導で後遺障害等級認定の申請を行いました。申請の結果、左手の複数の指の痛み等、右肩の痛み等について、それぞれ14級9号の後遺障害が認められ、併合14級という認定がされました。
その後、相手方保険会社との間で示談交渉を開始。相手方保険会社は、当初、賠償額として約200万円を提示してきました。しかし、提示された慰謝料や逸失利益の金額は、ご依頼者様の求めていた水準に不足するものでした。そこで、弊所弁護士において、後遺障害がご依頼者様の職務に及ぼす支障について書面で主張するなど、相手方保険会社との交渉をくりかえしました。
交渉の結果、相手方保険会社は、逸失利益の計算にあたり、労働能力喪失期間を10年として計算することに応じるとの結論になりました。14級の後遺障害の場合、労働能力喪失期間は通常5年前後として逸失利益の計算がされることが多いため、約2倍の期間を前提とすることになります。また、傷害慰謝料も約15万円、後遺障害慰謝料も約10万円、それぞれ増額することができました。これにより、賠償額全体も約300万円に増額する結果となりました。

交通事故 解決事例一覧 交通事故ページに戻る
被害者の状況:
左腕打撲
左膝打撲
争点:
賠償金額
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 79万円 約97万円 約18万円の増額

交通事故事件の概要

ご依頼者様は30代の女性で、商業施設の駐車場を歩行中に、車両に衝突される事故に遭われました。相談時にはすでに一括対応の終了の打診が相手方保険会社からあり、延長交渉や適正な賠償額の請求について相談に見えました。

弁護士法人ALG&Associates

埼玉法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

治療開始から5か月後、相手方保険会社から一括対応を終了するとの打診があり、担当弁護士が受任後、ご依頼者様の治療状況や症状を伝え、延長交渉を行いました。
しかしながら、受任前からご依頼者様に一括対応終了の打診をしており、すでに一度延長していること等を理由に一括対応の延長は叶いませんでした。
その後、ご依頼者様は、一括対応終了後から治療終了までの2ヵ月間、健康保険を使い、自費で通院を継続しました。

相手方保険会社は治療期間を5ヵ月として治療費や傷害慰謝料を計算することが想定されるため、あらかじめ、担当弁護士は、ご依頼者様の主治医に対して、ご依頼者様の治療状況や治療経過等について医療照会をかけました。
医療照会の結果、主治医からは、一括対応終了後も治療が必要であった旨の回答を得ることができました。

ご依頼者様の治療が終了し、7ヵ月の治療期間を前提として、治療費及び裁判所基準の傷害慰謝料等を計算し、医療照会結果をもとに相手方保険会社と交渉いたしました。
交渉の結果、相手方保険会社は、7ヵ月の治療期間を前提として、治療費及び傷害慰謝料を認めました。相手方保険会社が一括対応を終了した5ヵ月分の治療費及び傷害慰謝料の金額から、約18万円の増額となりました。

一括対応の延長交渉は実現しませんでしたが、医師に医療照会をかけ、適正な治療期間を主張したことが治療費や傷害慰謝料の増額につながった事案でした。

交通事故 解決事例一覧 交通事故ページに戻る
後遺障害等級:
12級
被害者の状況:
鎖骨の変形及び疼痛
争点:
賠償金額
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 約250万円 約750万円 約500万円の増額

交通事故事件の概要

ご依頼者様が自転車で青信号を直進していたところ、対向車線を走行していた自動車が右折をしてきて衝突してきたという事故です。ご依頼者様は、この事故により、鎖骨を骨折するなどの怪我を負いました。その後、ご依頼者様は、約半年にわたり治療を継続しましたが、鎖骨の変形と痛みが残ってしまい、後遺障害12級と認定されました。
後遺障害12級を前提とした賠償金として、相手保険会社から約250万円が提示され、ご依頼者様はこの金額が妥当な金額であるかどうかについて相談するため、弊所に見えました。

弁護士法人ALG&Associates

法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

弁護士が相手保険会社から提示された賠償金の内訳を確認したところ、後遺症逸失利益の金額が12級を前提として計算した金額よりも著しく低く、14級と同じ基準で計算されていることに気が付きました。また、後遺症慰謝料についても、12級の一般的に認められる慰謝料の3分の1程度とされておりました。
以上の金額については、特に合理的な理由がないものでしたので、交渉によって増額の見込みがありました。
ご依頼者様から預かった資料を検討したところ、約500万円増額する見込みがあることがわかりました。

そこで、増額の見込みがあることをご依頼者様に伝え、その後の示談交渉についてご依頼いただきました。
相手保険会社に対して、本来支払われるべき賠償金額よりも著しく低く、低額とする合理的な理由がないことを伝え、交渉したところ、見込みどおり約500万円増額した金額である約750万円で示談することに成功しました。

交通事故 解決事例一覧 交通事故ページに戻る
後遺障害等級:
12級13号
被害者の状況:
手関節痛
争点:
賠償金額
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 約500万 1000万 約500万円の増額

交通事故事件の概要

ご依頼者様は自転車に乗車中に、対向方向から直進してきた車と衝突しました。この事故によって、ご依頼者様は橈骨遠位端骨折の傷害を負い、最終的に手関節痛を残して、症状固定との診断を受けました。

弁護士法人ALG&Associates

埼玉法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

ご依頼者様は、保険会社から賠償金の提案を受けたものの、逸失利益などで低額の回答にとどまったことから、弊所にご相談いただきました。
担当弁護士が相手方保険会社と交渉しましたが、訴外では納得できる金額とならなかったため、訴訟を提起いたしました。
1年程度かかりましたが、既払い金を除き、1000万円を支払うとの和解が成立しました。
事前提示と比較すれば、2倍の金額となったことから、ご依頼者様にはご満足いただけた事案です。

交通事故 解決事例一覧 交通事故ページに戻る
後遺障害等級:
8級相当
被害者の状況:
脊柱変形
争点:
後遺障害が本件事故によって発生したかどうか
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 50万円 1200万円 1150万円の増額

交通事故事件の概要

ご依頼者様は車両に乗車中、追突されたことで、脊椎圧迫骨折の傷害を負いました。
怪我が重かったことや、弁護士費用特約保険に加入されていたこともあって、治療中から適正なアドバイスを求めて、弊所にご依頼いただいていました。

弁護士法人ALG&Associates

埼玉法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

治療中は良かったのですが、後遺障害等級認定がなされた段階で相手方保険会社から、本件事故に起因する骨折ではない等として、後遺障害に関する賠償を否認され、50万円程度しか支払うことは出来ないと回答されました。
もっとも、治療中にご依頼いただいていたことから、弁護士のアドバイスによって事故直後のMRI画像などの証拠は確保していたため、相手方保険会社に対して、証拠と共に本件事故に起因する骨折としか考えられないと賠償請求を行いました。
しかしながら、交渉では全く話にならず、訴訟を提起することとなりました。

訴訟に至っても相手方保険会社が態度を翻さなかったことから、結局判決が下されましたが、やはり骨折と本件事故との相当因果関係を認めた判決となりました。
賠償金としても、最終的には、既受領の自賠責保険金(819万)を除いて1200万円を獲得することができたため、年齢を加味すれば水準を超えた賠償を得ることが出来ました。
ただ、ご依頼者様からは金額もそうですが、事故と骨折の因果関係が認められたことに何より満足いただけた事案でした。

交通事故 解決事例一覧 交通事故ページに戻る
後遺障害等級:
14級
被害者の状況:
右手関節痛
争点:
賠償金額
弁護士法人ALGに依頼した結果
後遺障害等級 14級

交通事故事件の概要

ご依頼者様は、バイクに乗って優先道路を走行していたところ、交差点左側から自動車が飛び出してきて衝突しました。
この事故によって、ご依頼者様は、右手首のあたりを複数個所骨折する傷害を負いました。
事故から約1か月経過した頃、ご依頼者様から示談交渉を弊所にご依頼いただきました。
ご依頼いただいた理由は、平日の日中は仕事をしており、保険会社と連絡を取ることが困難であること、保険会社とうまく連絡が取れないことによって不利になってしまうのではないかと不安に思っていたとのことでした。

弁護士法人ALG&Associates

埼玉法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

受任時に、ご依頼者様のお話しを伺ったところ、事故から1か月程度しか経過していない状況でしたので、今後の通院の仕方によって後遺障害が認められるか否かが変わり得ると考えました。
そこで、治療が終わるまでは治療に専念してもらい、後遺症が残った場合に備えて、週3日程度は通院をして通院を続けるようにアドバイスしました。
事故から約6か月治療を継続しましたが、ご依頼者様の右手関節痛が治ることがなかったので、後遺障害の申請をしたところ、無事14級9号の後遺障害が認定されました。
後遺障害が認定されたので、これを前提に示談交渉をしたところ、保険会社からは逸失利益は3年分しか支払わない、合計金額約175万円での示談を持ち掛けられました。
しかし、ご依頼者様の状況からすれば、裁判では少なくとも250万円を下らないと考えていたことから、強気に交渉しました。
最終的には、逸失利益は7年分認められ、既払金を除いた賠償金全体では、約295万円で示談することができました。

交通事故 解決事例一覧 交通事故ページに戻る
被害者の状況:
頚椎捻挫
胸部挫傷
争点:
賠償金額
弁護士法人ALGに依頼した結果
賠償金額 40万円 90万円 約50万円の増額

交通事故事件の概要

ご依頼者様は40代の女性で、右折待ちで停車していたところ、加害車両に追突される事故に遭われました。加害者が任意保険に加入しておらず、適正な賠償を受けるにはどうすればよいか相談に見えました。

弁護士法人ALG&Associates

埼玉法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

使用者は、加害者が車通勤をすることを認めていたものの、加害者が任意保険に加入していることの確認を怠っていました。そこで、担当弁護士は、加害者の使用者に対して、使用者責任(民法715条)を追及することとしました。
使用者は、しきりに自賠責保険で賠償が受けられるので、それで十分ではないかと主張し、それ以上の賠償には消極的でした。
しかしながら自賠責では賄いきれない適正な賠償が必要である旨を、担当弁護士が粘り強く主張したところ、裁判基準で提示した金額を全額支払う旨の回答が得られ、示談が成立しました。

交通事故 解決事例一覧 交通事故ページに戻る
後遺障害等級:
14級
被害者の状況:
頚部痛
腰部痛
左手のしびれ等
争点:
賠償金額

交通事故事件の概要

ご依頼者様は、渋滞で停車していたところ、後続のトラックに追突されました。ご依頼者様が病院に行ったところ、頸椎捻挫、腰椎捻挫と診断されました。
その後、約1年程度通院を継続して治療に努めましたが、頚部痛及び腰部痛等の症状が残ってしまったため、後遺障害の申請をすることを考えておりました。
後遺障害の申請から示談交渉までをご依頼者様一人で行うことに不安があったとのことであり、以後の手続を弊所にご依頼いただきました。

弁護士法人ALG&Associates

埼玉法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

ご依頼者様のお話しを伺ったところ、通院頻度が週3,4回であり、通院期間も約1年と長期にわたっていたことがわかりました。このような治療状況からすれば、後遺障害が認定される可能性は十分あると考えました。
そこで、後遺障害を申請してから示談交渉に移行することに決めました。
後遺障害が認定されなかった場合には、異議申立てをする予定でした。
幸いにも、頚部痛及び腰部痛の2つの症状で後遺障害14級が認定されましたので、これを前提として示談交渉することになりました。
示談交渉を開始したところ、相手方保険会社は、慰謝料は裁判基準の80%の金額支払い、後遺症逸失利益については、裁判では通常5年分支払われるにもかかわらず、3年分のみ支払うとのことでした。
その後、保険会社と交渉を続け、最終的には、慰謝料は裁判基準の90%以上の金額となり、後遺症逸失利益については5年分認めさせることができ、既払金を除いて合計約270万円を支払うという内容の示談が成立しました。

交通事故 解決事例一覧 交通事故ページに戻る
後遺障害等級:
14級
被害者の状況:
頚項部痛
右肩甲部痛
弁護士法人ALGに依頼した結果
後遺障害等級 申請未了 14級 認定をサポート

交通事故事件の概要

歩行者を待つため停止していた被害車両に対して、加害車両が追突した事案。被害車両の運転手であるご依頼者様は、事故の衝撃によって、首及び肩に痛みを生じるようになり、整形外科と整骨院に通院を重ねていました。事故から4か月経過した時点で、弊所へのご依頼がありました。

弁護士法人ALG&Associates

埼玉法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

担当弁護士から通院方法等について助言をし、事故後6か月まで通院を継続しました。また、担当弁護士からご依頼者様に対して、通院・治療状況やケガの状態を含めて、後遺障害等級認定の可能性について詳しく説明をしました。そして、担当弁護士から提供した情報をもとにご依頼者様が後遺障害等級認定の申請を行うことを決定し、弊所で必要な書類の収集、作成を行い、申請を行いました。申請の結果、後遺障害等級14級の認定を得ることができました。
本件は、弁護士を入れたことで、十分な情報のもとで申請をするかを判断し、迅速に申請手続を進めることができた事案です。

交通事故 解決事例一覧 交通事故ページに戻る
被害者の状況:
手首打撲
争点:
傷害慰謝料

交通事故事件の概要

脇道より進入してきた加害車両が、右折レーンに入ろうとしていた被害車両に衝突した事案です。

弁護士法人ALG&Associates

埼玉法律事務所・交通事故案件担当弁護士の活動及び解決結果

傷害慰謝料の算定方法について、加害者保険担当者は、実通院日数の3倍を慰謝料算定のための通院期間にすべきだと主張しました。そのため、総治療期間を前提に慰謝料を算定した担当弁護士の提案金額とは大きな乖離がありました。
加害者保険担当者曰く、総治療期間に比して実通院日数が少ないため、上記算定をすべきとのことでした。
そこで、担当弁護士が、①依頼者様の傷病がリハビリ等頻繁な通院が必要とまではいえないこと、②慰謝料算定に関する加害者保険担当者の理解が異なること等について、各種資料を前提に交渉を継続しました。
その結果、担当弁護士が提案した総治療期間を前提にした慰謝料金額を前提に示談することができました。

交通事故 解決事例一覧 交通事故ページに戻る