埼玉支部長 弁護士 那賀島 八起のプロフィール

埼玉支部長 弁護士 那賀島 八起のプロフィール

弁護士 那賀島 八起

日々研鑽をし、八方ふさがりを打破できる「弁護士」でありたい

埼玉支部長

弁護士 那賀島 八起Yaoki Nakajima

埼玉弁護士会所属

埼玉支部長 弁護士 那賀島 八起からのメッセージ

スピード感と粘り強さの双方を持ち合わせることを心がけています。

スピード感をもって仕事をすることを心がけています。依頼者の方は不安を抱えていますので、できる限りクイックレスポンスをすることで抱えている不安を払しょくしてもらいたい。

テンポよく解決策を提示することで、依頼者の方には一層安心してもらえるのではないかと思います。短期間で事件解決まで至れれば最高ですね。依頼者にとって事件=ストレスですので、早期解決は大きな価値があると考えています。

他方で、納得のいく解決を見出すことも重要と考えています。困難な事件であっても粘り強く主張を展開して相手方や裁判所を説得し、一定の(当方に有利な)解決を勝ち取ることができることが良い弁護士だと考えています。スピード感と粘り強さ双方を持ち合わせた弁護士でありたいですね。

依頼者の方が晴れ晴れとした顔を見せてくれると、グッときます。

最初の法律相談の際に暗い表情をしていた依頼者が、弁護士との協議で解決策を見出し、事件解決後に晴れ晴れとした顔を見せてくれることがあります。

弁護士は悩みをなくしたり、軽くできる仕事です。依頼者が納得いく解決を得て新たな一歩を踏み出す姿を目にすると、大袈裟ですが人生の門出に立ち会ったような気分になります。そういうときに、弁護士をしていてよかったな、と感じますね。

また、月並みですが、「先生に依頼してよかった」と言ってもらえるとやっぱり嬉しいです。

私は、弁護士と依頼者は、事件解決のために二人三脚のように事件に向き合う関係だと考えています。「一緒に走り抜けてくれてよかった」と思ってもらえる伴走者であり続けたいですね。【真剣に事件に取り組む→良い結果が得られる→依頼者が笑顔になる→私も嬉しい】。そういう好循環に身を置いていたいですね。

人となり

学生時代の部活

スキューバダイビング

お勧めの映画

ペイフォワード

人生の目標

強靭な肉体・精神力の追求、助け合える社会の実現

座右の銘

一生勉強
弁護士 那賀島 八起

経歴

  • 獨協大学
  • 獨協大学法科大学院

法律相談かどうかわからなくても、悩んでいることに気づいたらご相談ください。

私は、法律相談には高いストレス軽減の効能があると考えています。

法律相談をすると、やるべきことが明確になり、起こり得るリスクが予期でき、リスクの対処法等を確認できます。そのために悩みは軽減され、前向きの行動をとることができるようになります。悩んでいるのであれば、弁護士へのアクセスをしていただきたいですね。

ところが、弁護士はまだまだ敷居が高いためか、相談を躊躇される方が多いようです。「もっと早くに相談に来てくれれば状況は違ったのに」と感じる事件はたくさん存在します。法律問題かどうかわからなくてもとりあえず一度相談をしてみてほしいと考えます。

埼玉支部は、大宮駅東口徒歩6分に位置しています。埼玉県や近郊からアクセスしやすい立地ですので、お気軽に連絡をいただければと思います。

家事事件(離婚や相続)、交通事故、男女問題、不動産の問題に精力的に取り組んでいる事務所です。

比較的大規模な事務所であり、個人として解決した事件のみならず、組織的にノウハウの蓄積に取り組んでいます。個人が直面する法的トラブルのほとんどを解決できる解決できるノウハウがあります。

また、埼玉の企業の顧問弁護士としての活動もしており、複数の企業様からご依頼をいただいています。

企業活動を円滑にするためには紛争になる前の予防が重要です。万一紛争になった際にも即座に対応して収束を図ることを心がけています。地域に密着し、信頼される事務所でありたいと思っていますので、お気軽にご相談ください。

弁護士 那賀島 八起