埼玉支部長代理 弁護士 村上 充洋のプロフィール

埼玉支部長代理 弁護士 村上 充洋のプロフィール

弁護士 村上 充洋

事件の結論についてご満足いただけるか、を常に念頭に置いて活動をしています。

埼玉支部長代理

弁護士 村上 充洋Mitsuhiro Murakami

埼玉弁護士会所属

埼玉支部長代理 弁護士 村上 充洋からのメッセージ

依頼者の目線に立った事件対応

弁護士は、依頼者と相手方の間に立ち、依頼者の利益を守りながら問題解決に取り組みます。ここで大切なのが、依頼者の利益を守る、という姿勢です。依頼者の方々は一人一人求める問題解決の形が異なります。そのため、一般的には妥当といえる解決策でも依頼者からはご納得いただけない場合もあります。

そこで、私は、依頼者の本当の希望を実現するために何が必要かを依頼者に寄り添って話を聞き、解決法を検討します。そのためには、依頼者と綿密かつ真摯なコミュニケーションを取り、何が本当の希望かを知ることが必要です。

依頼者の中には、どのような問題解決がもっとも良いものであるかはご自身でもわからない場合もあります。そのようなときには、私は、依頼者と一緒になって、依頼者が一番納得できる方法を考えます。依頼者が納得できる解決方法を探るということは、簡単なことのように聞こえるかもしれませんが、弁護士の仕事の中で一番難しくかつ必要なことだと思います。私は、日々、依頼者の納得には自分が何をすればよいか、を念頭において仕事をしています。

埼玉に根付いた活動がしたい

私は、大学入学のときに上京してからほとんど埼玉に住んでいます。埼玉が第二の故郷のようなものです。友人、知人も埼玉県民が多く、地縁があるので弁護士活動をする土地も自然と埼玉の地を選択しました。慣れ親しんだ埼玉のために、今後も弁護士としての活動をしていきたいと考えています。

人となり

学生時代の部活

アメリカンフットボール

敬愛する歴史上の人物

伊能忠敬

人生の目標

周りにいる人をみんな笑顔にすること

座右の銘

実るほど頭を垂れる稲穂かな
弁護士 村上 充洋

経歴

  • 早稲田大学 政治経済学部
  • 法政大学 法科大学院

依頼者にいかにご満足いただける弁護士活動ができるか

法律問題の解決にとって一番重要なことは、当事者が納得できる解決になったか、ということです。

たとえ依頼者に不利な結論になったとしても、その方が納得してさえいれば、その事件の解決としては、成功したといえる場合もあります。そのため、私は、弁護士としていかなる活動をすれば依頼者の納得につながり、事件の結論についてご満足いただけるか、を常に念頭に置いて活動をしています。

法律問題が解決し、感謝されるとき

相談に来られる際、依頼者の方は、自らの法律問題の大きさに呆然とし、途方に暮れていることも少なくありません。複雑な法律関係、当事者の感情的対立や困難な法律問題など様々な事情で問題の解決方法が中々見通せないことも少なくありません。

そんなときでも、私は依頼者と一緒になって、七転八倒しながら問題解決のための糸を探り、多くの場合、最終的には問題解決へと至ります。

そうして、当初は解決困難と思えた事件が解決でき、依頼者の納得が得られ、感謝していただいたときが弁護士としてもっともやりがいを感じる瞬間です。

弁護士への相談をためらわないで

法律問題は、一般の方には問題があるということがわかっても、その解決にどのような方法があるか、どのような解決が適切かは簡単にわかるものではありません。法律問題の適切な解決には、専門職である弁護士の介入が必要なことは非常に多いといえます。

この仕事をしていると、法律問題が生じた当初に弁護士に相談しておいていただければ、もっと簡易か適切な解決ができていたと思うことが数えきれないほどあります。弁護士に相談することは依頼者の権利利益を守るためには非常に重要です。

法律問題が生じた場合は、ためらわずに弁護士にご相談ください。たとえ、実際には弁護士が入るまでもない問題であったとしても大した損はありません。しかし、弁護士の介入が遅れることで取り返しのつかないことになることは少なくありません。

弁護士 村上 充洋