弁護士 本多 将大のプロフィール

弁護士 本多 将大のプロフィール

弁護士 本多 将大

ご依頼者様に寄り添いながら最善の解決策を提供する弁護士でありたい。

弁護士 本多 将大Masahiro Honda

埼玉弁護士会所属

弁護士 本多 将大からのメッセージ

事件解決後も見据え、ダメなものはダメと言えるように

ご依頼者様は、本当に困っている状態で法律相談に来られることが多いと思います。そのようなご依頼者様を法的かつ精神的に助けることが我々の役目です。

法的解決に導くためには、ご依頼者様から多くの事実を伺う必要があります。ご依頼者様が大して重要でないと思っていた事実も、法的には大変重要な事実であったりしますので、事件に影響する事実を引き出す能力が弁護士には必須です。また、文書作成能力や証拠の収集、交渉等の能力も当然必要です。そのため、これらの能力を高めるべく、日々研鑽しております。

また、精神的解決に導くためには、ご依頼者様のご不安な点等を把握したうえで、その不安を取り除く必要がございます。私は、弁護士の義務として、端的に問題解決するだけでなく、ご依頼者様の心理的ケアもしなければならないと考えております。法律相談をさせて頂いた際には、ご依頼者様の心のわだかまりも解消致します。

埼玉の弁護士として活動しようと思ったこと

司法修習生時代を過ごした想い出の地

私は、高校まで群馬県、大学からは東京都で過ごしていたため、埼玉に住んだことは今までありませんでした。  にもかかわらず、何故埼玉を選んだのかといいますと、司法修習地が埼玉になったからです。埼玉に住む前は、群馬よりは都会だけど、東京よりは田舎な県という認識しか持っておりませんでした。

しかし、実際に埼玉に住むようになってからは、埼玉県民の優しさ、人情味、適度な都会さ等々、住んでいてこんなに居心地が良いところがあるのか、なぜ今まで住んでいなかったのかと考えるようになっていました。そして、埼玉県民に恩返しがしたいと自然に思うようになり、気づいたら埼玉で弁護士活動を行っていました。

仕事をするうえで、心がけていること

常にスピード感をもって仕事をする。

弁護士は、1つの案件だけでなく何十件もの案件を常に抱えております。そのため、案件によっては、時間がかかってしまう場合も多いと思われます。

しかし、ご依頼者様にとっては、ご不安な状況をいち早く解消したいと思うのが通常ですから、私は、こまめに連絡する事を怠らないよう気を付けております(ミニマムな心がけ)。お互いが連絡を取り合うことで、詳細な主張ができますし、事案の早期解決も可能となります。

弁護士として働きがいを感じる瞬間

ご依頼者様の喜ぶ顔等をみれたとき

弊所では、多種多様な案件(交通事故・離婚・相続・刑事等)があり、かつ、ご依頼いただく量も多いですから、仕事に忙殺されることはあります。

もっとも、その忙しさも、事件が上手くまとまった場合などに依頼者様からお礼を言われれば一瞬で疲れが吹き飛びます。人の役に立っていると素直に感じる瞬間ですし、何のために弁護士を目指したのかを再確認できます。ご依頼者様に少しでも救いの手を差し伸べることができるのは、この仕事ならではの魅力であると思います。

人となり

学生時代の部活

サッカー部

趣味・特技

サッカー・フットサル・珠算

人生の目標

生涯現役

座右の銘

初心忘るべからず
弁護士 本多 将大

経歴

  • 明治学院大学
  • 早稲田大学大学院 法務研究科

埼玉にお住まいで法律問題で悩まれている方へ

どの法律事務所よりも、ご依頼者様を考えた事務所

司法修習で埼玉に来てからは、さいたまの土地の良さ、人の好さを実感しております。そのため、埼玉の皆々様に貢献したいという想いが強くあります。

このようなことで法律相談していいのか等考えずに、まずはご相談ください。お一人で悩まないで、一緒に問題を解決していきましょう。

弊所は、どの法律事務所よりも、ご依頼者様に真摯に向き合い、ご依頼者様の新たな一歩を応援しています。