養育費を支払わず調停に欠席し続ける相手方に審判を申し立て、支払いが命じられた事例

養育費の請求

依頼者の属性
20代
女性
会社員
子1人
相手の属性
20代
男性
会社員
受任内容
養育費請求

事案の概要

婚姻当初から相手方のモラルハラスメントに悩まされていた依頼者は、出産を期に相手方と離婚しました。しかし、相手方は、養育費を支払おうとせず、当人同士での協議もできませんでした。
そこで、担当弁護士が本件を受任し、養育費請求調停を申立てました。

弁護方針・弁護士対応

相手方は、調停への出席を拒否しました。
そこで、担当弁護士は、審判移行も視野に入れ、相手方の収入資料を手配しつつ、適正な養育費額を計算し、裁判所へ主張しました。
調停期日を3回重ねても相手方は調停に欠席し続けたため、審判移行しました。

弁護士法人ALG&Associates

埼玉法律事務所・離婚案件担当弁護士の活動及び解決結果

担当弁護士が検討していた通りの養育費額を支払うべきとの審判がなされました。

離婚 解決事例一覧 離婚ページに戻る