支払い能力が低い相手方から未払い婚姻費用を満額、および慰謝料150万円を獲得した事例

婚姻費用未払い

依頼者の属性
30代
女性
アルバイト
子供有
相手の属性
40代
男性
会社員
受任内容
依頼者及び子供が経済的に充実した状態での離婚
弁護士法人ALGに依頼した結果
慰謝料 0円 150万円
婚姻費用 4万円 9万4000円
養育費 3万円 5万4000円

事案の概要

本件は、相手方が不貞行為をしていることを知った依頼者が、早く離婚をしたいが、相手方の資力が乏しいため、離婚条件を決めても、支払ってもらえる可能性がない中で、どのように相手方と交渉すれば良いかわからず悩んだ状態で弊所にご相談の上、ご依頼くださいました。

弁護方針・弁護士対応

本件は、以下の懸念点がありました。
・相手方に多額の借金があり、婚姻費用の支払いが算定表で計算した額を毎月、満額支払うことができないという事情、
・相手方の不貞行為の証拠が乏しいという事情、
がありました。

そこで、弊所担当弁護士が、毎月いくらまでの支払いであれば確実に支払うことができるのかを調停委員さんを通じて、相手方に問いかけ、長期にわたる未払い婚姻費用の支払いを提案し、離婚後も、養育費に未払い婚姻費用を長期分割支払いにした金額を上乗せして支払ってもらうことにしました。また、車内に搭載したGPSの移動履歴とラブホテルの駐車場に駐車してある相手方の車の写真、自宅に停まっている不貞相手の車の写真等とともに不貞行為の存在を主張し、調停の場で、言い逃れのできない状況を作り出しました。

弁護士法人ALG&Associates

埼玉法律事務所・離婚案件担当弁護士の活動及び解決結果

調停結果として、
慰謝料を150万円支払うこと
・養育費の毎月の支払いに約1万円程度上乗せして、未払い婚姻費用を約3年程度支払い続けること
等の内容で合意に至りました。

依頼者は、相手方の資力が乏しいことがわかっていましたので、未払い婚姻費用及び慰謝料については、あきらめて、離婚のみ成立させて終わりにするつもりでしたが、弁護士の介入により、未払い婚姻費用の満額確保、不貞慰謝料も獲得できる調停結果となりました。

離婚 解決事例一覧 離婚ページに戻る